申し訳ありませんが、まだデータがありません。

二次会の景品は手間いらず

写真立て

これらの二次会用の景品やノベルティを作るには以外にも手間はかかりません。
マーケティングや販促をしている業者さんに依頼することもできますし、文房具屋でも依頼できます。
値段も、会社のマークや言葉を印字する程度なら、そんなに大きなが追加料金はかかりません。

二次会の幹事での企画に悩んでいる人は、一度、景品やノベルティを参加者のおみやげにすることを検討するのは価値があります。
思い出深い会になって、参加者に喜ばれます。

二次会の盛り上げ方

香水

職場の忘年会や送別会、あるいは結婚式の二次会なので幹事を引き受けた時に、もっとも悩むのは盛り上げ方です。
ビンゴやカラオケなど、鉄板の盛り上げアイテムはありますが、さらに一工夫して、景品やノベルティをおみやげにする幹事さんが増えています。
会社や結婚式では、記念となるグッズが作りやすく、例えば会社のマークが入った小物などのノベルティや、会社の理念やビジョンがはいったカレンダー手帳などの景品がウケています。
小物では、男性ならライターや手帳、女性ならハンカチなどの商品が人気があります。

また結婚式の二次会などでは、結婚当事者から参列してくれた人たちへの感謝の言葉が書かれたものが人気があります。
例えば、フォトスタンドや額縁、お皿や食器などに、ポストカードが挿入されたものなどが人気です。
二次会では楽しむことも大切ですが、やはり心にのこる会を演出したいものです。
そのときに、ちょっとした言葉を品物に添えると、忘れない思い出の品になります。

二次会の景品選び

カメラ

結婚式の二次会などではゲームなどの余興が付き物で、景品をゲットできるのでゲストとても盛り上がります。
しかしこの景品の買い出しが幹事さんにとっては大変な仕事となります。
ディスカウントストアや雑貨屋を巡って買い出しをするのもよいですが、少しでも手間を省こうと思うのであればノベルティのネットショップでの購入がおすすめです。
ノベルティの専門店たるものがたくさんあるので、自分たちの予算などと照らし合わせて商品を選べます。

また、景品セットというものを扱っているノベルティショップもあり、「グルメ」「家電」「豪華体験」「カタログギフト」セットなど様々な種類のものがあるので、二次会のゲストの客層に合わせて選ぶことができます。
持ち帰り袋がついていたり、ラッピングを無料でしてもらえたりするので助かります。

そして、当選した品は当選者の自宅まで後日配達してくれるシステムもあります。
重い品が当選したゲストには持ち帰る大変さがないので非常に喜ばれます。

二次会の中では、大きな景品写真が貼られたボードが用意されているので、これを見れば実物がなくてもゲストも盛り上がること間違いなしです。
そして余興の景品だけではなく、ゲストへのおみやげとなるプチギフトも取り扱っているノベルティショップもあり、二次会で必要なものは一気に揃えられたりするので大変おすすめです。
景品選びのほかにもたくさんの仕事があって忙しい幹事さんには、少しでも楽に準備を進めるためもこのようなショップを利用するのも良い手段です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031